治療・予防

舌のセンサーなどに異常? =早期治療したい味覚障害

 味覚障害は早めに治療したい。自然に治る場合もあるが、亜鉛の補充療法により約7割が改善したとする例も報告されている。ただ、この療法は即効性がないので、3カ月以上服薬する必要がある。田中医師も「1年ほどかかる場合もあるので、気長に治療を続けることが大事です」と話す。

 亜鉛は、通常の食事を取っていれば不足することはまず無い。

 田中医師は「加工食品ばかり取る偏った食事や過度なダイエットは味覚障害を起こす要因になります。6カ月以上経過してしまうと治りが悪くなるので、味がおかしいと感じたら早めに近くの耳鼻咽喉科を受診して」と呼び掛けている。(メディカルトリビューン=時事)(記事の内容、医師の所属、肩書などは取材当時のものです)

新着トピックス