日高久光 医師 (ひだかひさみつ)

日高大腸肛門クリニック

福岡県久留米市東合川1-10-16

  • 肛門科、胃腸科
  • 院長

肛門科 消化器外科 外科

専門

肛門疾患の診断治療、炎症性腸疾患の診断治療、大腸がん手術

日高久光

肛門手術23,000例大腸手術1,550例もの実績を持つ大腸肛門手術の権威。暖かく優しい環境で、少しでも楽に、より完全に、一日でも早く治し、早く日常生活に戻っていただく」を目標にクリニックを設立。「患者さんに優しい医療を、スタッフ一同で提供する」をモットーに、様々な治療法を説明し、患者と一緒に選択する。肛門疾患と関連の深い大腸疾患(排便障害、がん、炎症性腸疾患など)も多くの患者の診断、治療にあたっている。

医師プロフィール

1974年4月 久留米大学医学部卒業 同第二外科教室入局
1975年4月 久留米大学第一病理学教室兼務
1981年1月 国立九州ガンセンター研修
1982年4月 久留米大学救命救急センター 外科主任
1984年10月 特定医療法人高野会 高野病院副院長
1987年1月 高野会 日高病院院長
2001年10月 日高病院院長を辞し、日高大腸肛門クリニックを設立 院長就任
2003年 久留米大学客員教授
(更新日:2017年10月18日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会