岩垂純一 医師 (いわだれじゅんいち)

岩垂純一診療所

東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル7F

  • 肛門科
  • 所長

消化器外科 肛門科 外科

専門

大腸肛門疾患

岩垂純一

岩垂純一医師は、日本臨床肛門病学会の理事長を務める、痔・肛門疾患の第一人者。30年以上にわたり痔・肛門疾患の治療に携わり、社会保険中央病院(現・JCHO東京山手メディカルセンター)勤務時代は、年間2,000例以上の手術を執刀した豊富な経験を持つ。同院退職後は東京・銀座に自らの診療所を開設し、入院を伴うことの多い肛門疾患手術において日帰りを実現。負担の少ない治療に患者の信頼も厚く、海外からも患者が訪れている。テレビや講演でのわかりやすい解説にも定評がある。

診療内容

岩垂医師がかつて勤務した社会保険中央病院(現・JCHO東京山手メディカルセンター)は、国内初の大腸肛門病センターを開設したことで知られる。同センター長を経て、2006年に満を持してオープンしたのが、自ら所長を務める岩垂純一診療所だ。外来は完全予約制。患者一人一人に十分な時間をかけ、マンツーマンで痔や肛門病の診察・治療にあたっている。

「痔の治療といえば、一般的に手術が第一だと思う人が多いですが、実際には保存療法が基本です」と岩垂医師は話す。痔の中で半数を占める痔核で受診する患者のうち、90%は手術に至らず、保存療法での治癒が見込めるという。残る10%は外科的な処置の適用となり、根元をゴム輪でしばって痔核を壊死させる「ゴム輪結紮療法」のほか、主流となっているのは痔核を切除する「結紮切除術」である。痔核に血液を送り込む血管をしばり、痔核を切除する方法だ。通常は7~10日の入院を要するが、手術の翌日から歩行できるほど、患者に負担の少ない手術だという。

痔核の治療は近年大きく進化し、痔核を切除する方法に加えて、注射による治療も増えている。内痔核に対して硬化剤(フェノールアーモンドオイル)を用いる「注射療法」(硬化療法)や、最近広く行われている「ALTA療法」である。ALTAとは硫酸アルミニウムカリウムタンニン酸という薬液で、ALTA療法はジオン注射とも呼ばれる。薬液を注射することで内痔核が線維化して小さくなり、脱出を防ぐことができるという。従来の痔核を切除する手術と違って、痛みが少なく、長期間入院する必要もない。ALTA療法と結紮切除術を併用するケースも増えつつある。

同診療所では、如何なる程度の重症の痔であっても、入院しないですむ日帰り手術(Day Surgery)を原則としている。入院を伴う手術以上に、快適・安全・完全に治すために必要となる麻酔、処置、材料、薬については最良のものを使用しているという。「これにより、日常生活に支障をきたさない、患者に負担の少ない治療をめざしています」(岩垂医師)。

同診療所は、自費診療のみとなる。理由は、患者さんの話をきちんと聞く時間を割き、納得した上で治療を進めることにある。じっくりと患者さんと向き合うことが大きな特徴だ。診察や手術、そして治るまでのすべてを岩垂医師が一貫して治療するというのも心強い。「いかに嫌な思いをしないで、かつ痛くなく、早く、きれいに、そして確実に痔を治すかを目的とした診療所です。現時点で考えられる最高の医療を提供し、術後の負担が少なく、安全かつ根治的に治すことをめざしていきます」(岩垂医師)。

医師プロフィール

1973年 群馬大学医学部卒業
1978年 社会保険中央総合病院大腸肛門病センター(現・JCHO東京山手メディカルセンター)医員
1987年 社会保険中央総合病院大腸肛門病センター医長
1990年 社会保険中央総合病院大腸肛門病センター部長
1996年 社会保険中央総合病院副院長
1998年 社会保険中央総合病院大腸肛門病センター長
2006年 岩垂純一診療所開設