石山勇司 医師 (いしやまゆうじ)

札幌いしやまクリニック

北海道札幌市中央区南十五条西11-2-1

  • 名誉院長
  • 札幌いしやま病院 会長

外科 肛門科 消化器科

専門

直腸肛門疾患、痔

石山勇司

1977年に直腸肛門疾患の専門病院を開院。以来、研究を重ねて、痔核に対するALTA注射療法、痔の手術の中で最も困難とされる複雑な痔瘻の肛門機能温存法、硬膜外麻酔など、痛みが少なく肛門機能を損なわない独自の治療法を確立している。その高度な技術は、道内はもとより全国から注目を集め、現在では年間約50,000人もの患者が治療を受けているまた、同院は日本大腸肛門病学会より「認定施設」となっており、多くの医師がより先進的で確かな技術を学ぶ場にもなっている。

診療を受けるには

外来診療は予約制でなく、窓口での受付順の診察。休診は、日曜、祝日、木曜・土曜の午後。女性専用受付は、火曜の午後。

医師プロフィール

1968年3月 札幌医科大学 卒業
1975年4月 市立室蘭総合病院 外科
1977年10月 札幌いしやま病院 開院

所属学会

日本大腸肛門病学会指導医・専門医、日本消化器外科学会専門医

主な著書

『最新 大痔典:機能回復した「オシリ」は美しい』(2014年 現代書林)
(更新日:2017年10月18日)