梅枝覚 医師 (うめがえさとる)

JCHO四日市羽津医療センター

三重県四日市市羽津山町10-8

  • 外科・大腸肛門病・IBDセンター
  • 副院長
  • 附属介護老人保健施設長 併任
  • 三重大学医学部 非常勤講師

外科 肛門科 消化器外科

専門

痔核・痔瘻・裂肛・排便障害、大腸がん、潰瘍性大腸炎・クローン病、肝・胆・膵等の消化器外科

梅枝覚

痔核、痔瘻、裂肛手術において3,000例以上の経験を持つ大腸肛門領域のプロフェッショナル。梅枝覚医師がセンター長をつとめる大腸肛門センターには、経験豊かな専門スタッフが集結し、チームで診断・治療にあたる。痔核・痔瘻については日本でできることはすべて同院で治療可能。硬化療法、結紮療法、PPHなど痔核の状態によって最も適した方法を選択し、より痛みが少なく、より根治性が高く、より機能温存可能な治療を行うのが特徴。これにより入院期間も短く、通常の生活を早く取り戻すことができる。

診療を受けるには

外来は、水曜・木曜(予約制)。紹介状がある場合は、外来日に梅枝医師の受診が可能。初診時の待ち時間は30分から2時間程度で予約受診・手術待機期間は約1~3ヶ月待ち。

医師プロフィール

1978年 三重大学医学部 卒業
1984年 三重大学医学部大学院 卒業
1984年 潰瘍性大腸炎の成因、病態に関する研究にて博士号取得
1985年 社会保険 羽津病院 外科医員
1988年 名古屋 野垣病院にて大腸内視鏡の研修
1989年 社会保険中央総合病院 大腸肛門病センターにて研修
1992年 社会保険中央総合病院 大腸肛門病センターにて研修
2000年 四日市社会保険病院 大腸肛門病・IBDセンター長
2014年 JCHO四日市羽津医療センター 副院長
2018年 JCHO四日市羽津医療センター 副院長 附属介護老人保健施設長 併任
    外科・大腸肛門病IBDセンター、三重大学医学部 非常勤講師、日本大腸肛門病学会 理事 評議員

所属学会

日本大腸肛門病学会 専門医・指導医・理事・評議員、日本外科学会 専門医・指導医、日本消化器外科学会 専門医・指導医、日本臨床外科学会 評議員、日本肝胆膵外科学会、日本消化器内視鏡学会、日本内視鏡外科学会、日本ストーマ・排泄・リハビリテーション学会 評議員、日本消化器病学会、日本癌治療学会、日本大腸検査学会、日本外科感染症学会、日本プライマリー・ケア連合学会 認定医・指導医、日本医療コンフリクト・マネージメント学会、大腸癌研究会 世話人、大腸肛門機能障害研究会 世話人、日本臨床肛門病研究会 評議員、内痔核治療研究会 世話人、大腸肛門病懇談会 世話人、東海肛門疾患懇談会 代表世話人、近畿肛門疾患懇談会、東海ストーマリハビリテーション研究会 世話人、日本オストミー協会 顧問医、三重県クローン病研究会 代表世話人、三重IBD研究会 世話人、東海外科学会 評議員、三重外科集談会、日本Metallic Stents & Grafts 研究会など
(更新日:2019年1月14日)

同じ疾病を専門とする医師一覧