渡邊克益 医師 (わたなべかつえき)

春山記念病院

東京都新宿区百人町1-24-5

  • 形成外科

形成外科 外科

専門

四肢・顔面の外傷、眼瞼下垂など一般形成外科手術

渡邊克益

渡邊克益医師は東京医科大学医学部を卒業後、東京医科大学病院に勤務。途中、米国南アラバマ大学にて外科学と生理学を学ぶ。皮膚皮下組織の外科治療や顔面・手の外傷や再建手術、マイクロサージャリー手術などを得意とする。熱傷治療は浅い熱傷であれば、各種の創傷被覆材を使用した保存的治療、深い熱傷では皮膚移植を行う。重傷熱傷の場合には、近年実用化された培養した自分の表皮やスキンバンクからの皮膚を使用して治療する。重症熱傷患者の治療には、高度な診療が望める熱傷専用ユニットも完備されている。

長年勤務した東京医科大学病院を定年退職後、2014年5月より春山外科病院形成外科に勤務。同院は外傷疾患中心の小規模病院(救急搬送患者数では日本トップクラス)で、渡邊医師の診療内容は、広範囲熱傷治療を除き、四肢・顔面の外傷を中心に、眼瞼下垂など一般形成外科手術を継続して行っている。

医師プロフィール

1973年3月 東京医科大学医学部 卒業
1973年 東京医科大学医学形成外科
1987年 南アラバマ大学留学
1993年 東京医科大学形成外科学講座 主任教授
2011年 東京医科大学副学長補(新大学病院担当)、西新宿キャンパス整備室室長
2014年5月 春山外科病院 形成外科
2015年 春山記念病院に病院名変更
(更新日:2018年10月8日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会