中西秀樹 医師 (なかにしひでき)

田岡病院

徳島県徳島市万代町4-2-2

  • 形成外科・創傷治癒センター
  • センター長

形成外科 美容外科 外科

専門

マイクロサージャリーによる組織移植、熱傷、皮膚悪性腫瘍外科、頭蓋顎顔面外科

中西秀樹

マイクロサージャリー(生体顕微鏡下で行う微細な部分の手術)による組織移植に精通する形成外科医。徳島大学病院勤務時代には、重度の熱傷患者、あるいは皮膚性悪性腫瘍患者など、組織移植を必要とする疾患手術に手腕を発揮。また顔面の複雑骨折や、頭蓋・顔面の発育障害に対しても、立体モデルを作成して手術後の状態を予測し、歯科や脳外科と連携しながら高度な医療を実施している。形成外科・美容外科一般を広くカバーし、小耳症、乳房再建・唇裂口蓋裂の専門外来も行っていた。

医師プロフィール

1974年3月 徳島大学医学部 卒業
1974年5月 徳島大学医学部附属病院医員(皮膚科)
1975年5月 愛媛県立中央病院医師(皮膚科)
1976年7月 東京警察病院医師(形成外科)
1983年4月 徳島大学助手医学部附属病院(皮膚科)
1987年12月 徳島大学講師医学部附属病院(皮膚科)
1991年11月 Visiting Professor(Hospital for Sick Children),カナダトロント大学(文部省長期在外研究員)
1996年2月 徳島大学教授医学部附属病院(形成外科学)
2003年4月 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部教授(形成分野外科学)
2014年4月 徳島大学名誉教授・客員教授
         医療法人倚山会 田岡病院(形成外科・創傷治癒センター)
         社会医療法人 石川記念会HITO病院(形成外科)
(更新日:2014年5月16日)