仲沢弘明 医師 (なかざわひろあき)

日本大学医学部附属板橋病院

東京都板橋区大谷口上町30-1

  • 形成外科
  • 部長、教授

形成外科 外科

専門

形成外科、熱傷、再建外科、創傷外科
(がん切除後・外傷による組織欠損後の再建外科、手足の外科手術、マイクロサージャリー、など)

仲沢弘明

仲沢弘明医師がポリクリ実習時、ある先生に形成外科というちょっと変わった外科がある、という話を聞いたという。しかし三重大学医学部には形成外科がなかった。「いったい何をする科なのか興味がありました。6年生の夏休みに、某大学病院の見学をさせていただく機会があり、そこで形成外科の見学がかないました」(仲沢医師)
実は消化器外科を希望していた。だが1週間の形成外科見学で様々な手術に参加し、いろいろな再建手術のスライドを見せてもらったことが仲沢医師に大きな影響を与えた。
「再建手術はこれまで見たこともないような手術で、大変興味を持ちました」(仲沢医師)
結局消化器外科の見学は取りやめて、その後もう1週間、形成外科を見学したという。この2週間の経験が仲沢医師の始まりとなった。
1975年8月におこった新宿西口バス放火事件を契機として、東京都は、重症熱傷治療の専門施設(熱傷ユニット)の設立を東京女子医科大学形成外科に委託。1982年11月に日本で最初の熱傷ユニットが開設された。仲沢医師は東京女子医科大学形成外科において研修医として、日々重症熱症患者の治療を担当。当時の熱傷ユニットは、東京女子医科大学形成外科と日本医科大学高度救命センターの2施設にしかなかったため、都内で発生した重症熱症患者はどちらかの病院に搬送された。ここで毎年100例以上の重症熱傷患者に係わる。形成外科では、入院から退院まで、すなわち急性期の輸液管理から感染対策、栄養管理といった全身管理と熱傷創の局所管理を行った。
仲沢医師は研修医終了後、2年間都立府中病院(多摩総合医療センター)外科で一般外科の研修を行い、一般外科医としての基本を学んだという。
1985年5月、東京女子医科大学形成外科に帰局後、熱傷の急性期における循環動態の研究を行う。また当時、新しい皮弁として静脈皮弁が報告されたが、従来の遊離皮弁と異なり、皮弁には動脈を含まず静脈だけの皮弁ということで、大きなトピックスとなった。仲沢医師は静脈皮弁の循環動態について実験を行うとともに、臨床的にもより大きな皮弁が生着できるように、血行形態について研究を重ねた結果、静脈皮弁の血行形態を4型に分類し、安定した臨床成績を挙げることが可能となった。このことを日本形成外科学会や日本マイクロサージャリー学会で発表したが、当時、静脈皮弁は指などの小さな組織欠損を再建する方法と報告され、大きなものは部分壊死を起こしやすく、臨床成績は不良であるというのが一般的な意見であったため、学会で発表するたびに厳しい意見が述べられたという。「しかし症例を重ねつつ、本皮弁の有用性について発表を続けた結果、徐々に静脈皮弁が認められました。現在では新しい皮弁として認知されています」(仲沢医師)
2年間の留学では、気道熱傷における肺微少血管の透過性の更新、臨床に近似した敗血症の動物モデルにて肺微少血管の透過性の更新を報告。また臨床では、受傷後24時間以内に手術するという、超早期手術により広範囲重症熱症患者が救命されていることに驚愕した。
「帰国したら超早期手術を早速実践しようと思いました」(仲沢医師)
超早期手術を実践するにあたり、どのようにしたら安全に早期に出来るのかについて検討した結果、熱症患者によく認められた低体温に注目し、この改善によって循環動態が早期に安定するのではないかと考えた。そして実験を行い、加温輸液の有用性として報告。手術の実際としてデブリードマンの方法や植皮術の工夫、スキンバンクの設立と相まって、積極的に超早期手術に取り組んできた。しかし学会で発表するたびに批判的で厳しい意見が述べられ、なかなか超早期手術は認められなかった。症例を重ねた結果、感染症から敗血症に至ることが減少し、救命率の向上が認められた。その結果について多くの報告を続け、ようやく本法の有用性が認められるに至る。現在では、日本熱傷学会の熱傷診療ガイドラインに早期手術が推奨されるようになっている。
「重症熱傷治療は、全身管理と局所管理の両方が必要です」(仲沢医師)
治療ではこの両方を重視しながら、医療安全に留意し、2重、3重のチェックを行うことと、患者に対し平易な言葉で理解できるインフォームドコンセントを行っている。
平成26年度より、東京都熱傷救急連絡会の会長、そして、一般社団法人日本スキンバンクネットワーク代表理事に就任した。

診療内容

患者のニーズを踏まえ、個々に合わせた最適な治療法を選択している。同院では、治療方針等についての十分な説明を行うとともに、治療時に起こり得るリスクについても説明を行い、患者の納得・了解を得てから手術を行っているという。
「外傷や手術創については、治癒後もテーピング療法などのアフターケアを行うとともに、創痕が目立たないよう配慮しています」(仲沢医師)
手術に伴う創痕が目立たないようなアプローチを行い、整容的効果を考えた治療である。さらに消化器外科、耳鼻科(頭頚部外科)、整形外科、皮膚科など各科との連携もスムーズに行われている。さらにマイクロサージャリー(体の他の部分から筋肉を移植する方法)などの先進技術を用いた遊離組織移植術を行い、患者の良好な機能的・整容的回復を目指す。
救急医学・集中治療の進歩により急性期における死亡率は減少してきたが、その後の感染期における感染症、敗血症による多臓器不全による死亡率は依然として高率であるのが大きな問題であった。それに対し、米国の熱傷施設では、感染源となる焼痂組織(熱により壊死となった皮膚組織)を可及的に切除して創閉鎖するという早期手術が、1980年から1990年代で標準的な治療だった。仲沢医師の留学先は、米国の熱傷施設の中でも有名なシュライナー熱傷施設であり、そこでは、受傷後24時間以内に手術を行って良好な臨床結果を得ていた。このため仲沢医師は、早期手術の実際を勉強することができたという。
帰国後、早速、超早期手術に取り組むが、広範囲熱症患者ほど移植する皮膚が足りないのが大きな問題だった。幸いにも当時、日本においてようやくスキンバンク(関西スキンバンクと東京スキンバンクネットワーク)が設立されたことで、凍結保存された同種皮膚移植が可能となり広範囲重症熱傷患者の救命に多大な貢献をなすことになった。仲沢医師が最初にスキンバンクからの皮膚移植を行ったのは、風呂に転落して80%深達性II度熱傷を受傷した当時6歳の男子。受傷後48時間以内で手術を行い救命することができた。
その後2つのスキンバンクは統一。2006年に一般社団法人日本スキンバンクネットワークとして全国の熱傷施設に同種皮膚を供給している。
「重症熱傷の救命には同種皮膚移植はなくてはならないものです。現在、日本全国の熱傷施設で、スキンバンクからの同種皮膚移植により多くの重症熱症患者が救命されています」(仲沢医師)
スキンバンクの運営には多くの人の支援が必要。仲沢医師はその普及にも力を入れている。

医師プロフィール

1983年3月 国立三重大学医学部 卒業
1983年5月 東京女子医科大学形成外科 入局
1991年2月 University of Texas Medical Branch、Shriner Burn 、Institute へPostdoctoral Fellowとして留学
1993年3月 東京女子医科大学形成外科 帰局
1994年12月 同 講師
2000年2月 鹿児島市立病院形成外科 科長
2002年3月 国立病院東京災害医療センター形成外科 医長
2004年6月 東京女子医科大学形成外科 助教授
   7月 東京女子医科大学東医療センター 助教授
2007年8月 東京女子医科大学東医療センター形成外科 教授
2010年7月 日本大学医学部形成外科 主任教授
現在に至る