櫻井裕之 医師 (さくらいひろゆき)

東京女子医科大学病院

東京都新宿区河田町8-1

  • 形成外科
  • 主任教授

形成外科 外科

専門

熱傷、乳房再建、頭頸部再建、マイクロサージャリー、母斑・血管腫、ケロイド

櫻井裕之

東京女子医科大学病院・形成外科は全身管理が必要な重症外傷や再建外科が専門。同科の熱傷ユニット(やけどセンター)は、1982年に日本で最初に設立された熱傷治療専門施設であり、WHO(世界保健機関)の研究協力施設として認定された日本で唯一の施設。主任教授である櫻井医師を中心に救命のため迅速かつ良質な治療を展開している。社会復帰を目す再建外科手術・リハビリといった手厚いサポートも、最新医療を駆使して全力を尽くす。櫻井医師はその豊富な経験・実績により、第18回日本形成外科手術手技学会・会長を務めた。

医師プロフィール

1986年 愛媛大学医学部 卒業
1986年 東京女子医科大学形成外科学教室 入局
1988年 東京女子医科大学形成外科学教室 助手
1995-1998年 米国テキサス大学 留学
2001年 東京女子医科大学形成外科学教室 講師
2006年 東京女子医科大学形成外科学教室 准教授
2009年 東京女子医科大学形成外科学教室 主任教授
(更新日:2014年5月16日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会