田中克己 医師 (たなかかつみ)

長崎大学病院

長崎県長崎市坂本1-7-1

  • 形成外科
  • 准教授

形成外科 外科

専門

マイクロサージャリー、再建外科、熱傷、手の外科、褥瘡、創傷治癒

田中克己

学生時代に長崎大学形成外科の初代教授である難波雄哉教授の形成外科の講義の中で『形成外科は患者の機能と整容だけでなく、心も癒すことができる』ということばに深く感銘を受け、それまで小児外科希望であったのが進路転換となり、形成外科医をめざすことになったと言う。
田中克己医師は再建外科手術のエキスパート。形成外科の若手医師に対して再建外科手術の技術指導を行うとともに院内の他科および他の施設における再建外科手術も行っている。また、初期臨床研修医や学生にも形成外科・再建外科の重要性を教育している。
形成外科分野の診療・研究を重ねること28年。これまでは、手指再接着における骨髄内静脈還流の意義や皮弁の微小循環、悪性腫瘍切除後の再建など、さまざまな研究を発表。これらはいずれも、今後の再建医療を考えるうえで大切なテーマである。熱傷領域では新鮮熱傷はもとより、熱傷後遺症である瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイドの治療にも力を注いでいる。とくに小児の熱傷に関しては、患児の成長に伴う心身のサポートが重要で、同時に親を含めた家族とのつながりも重要と考えている。

診療内容

同科では、さまざまな技術による再建医療が実践されている。特にマイクロサージャリー(微小外科)技術によって、より安全で満足度の高い再建医療が可能。マイクロサージャリーとは、顕微鏡を見ながら直径2.0mm以下の血管や神経をつなぐ技術で、技術レベル的には日本が世界を牽引しているといっても過言ではない。近年、さらに超微小の血管や神経をつなぐ技術が進んでいる。マイクロサージャリーは、高度な手技を必要とする技術だが、田中医師が得意とする技術のひとつ。いかに失った組織の機能と整容(見かけ)を回復することができるか、また、先天異常の方のように生来失われている組織を他の方と同じような状態に近づくことができるような手術を行うことが可能となる。また、組織の採取部においても採取後の犠牲が最小となるような配慮も必要と考えている。このような基本的な考えに則って、患者さんの状態や希望に応じた治療方針を決定しており、オーダーメードの医療を行っている。医師の確立した技術、ぶれのない信念、さらにこれらに基づいた患者さんへの心理的な配慮(治療のゴールまでの希望と不安をいかにサポートするか)が重要と考えている。
1年間の手術件数は200~250例で、安定した治療成績が得られている。患者に対し、症状等の話を深く聞くことをモットーとしている。それこそが満足のいく治療につながり、患者と医師間の信頼関係を深めると考えているのである。

医師プロフィール

1984年3月 長崎大学医学部 卒業
1984年6月 長崎大学医学部 形成外科入局(研修医)
1984年8月 山口県立中央病院 形成外科(研修医)
1988年6月 長崎大学医学部 形成外科医員
1988年12月 佐世保市立総合病院 形成外科医員
1989年9月 松江赤十字病院 形成外科医員
1992年9月 大分中村病院 形成外科医長
1999年4月 長崎大学医学部 形成外科助手
2003年12月 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科形成外科 助教授
2007年4月 同 准教授
現在に至る