鈴木茂彦 医師 (すずきしげひこ)

労働者健康福祉機構 浜松労災病院

静岡県浜松市東区将監町25

  • 形成外科
  • 病院長

形成外科 皮膚科

専門

熱傷・ケロイド・瘢痕および瘢痕拘縮、口唇裂・口蓋裂、母斑(アザ)、腫瘍切除後の再建外科、その他キズの治療すべて

鈴木茂彦

鈴木茂彦医師は、京都大学医学部附属病院に形成外科が開設された1977年に入局した一期生。翌年から浜松労災病院形成外科で勤務し、重症のヤケド(熱傷)やキズアト(瘢痕)の治療を多数経験。その後京都大学に戻るが、この浜松労災病院での経験が終生の研究テーマを「瘢痕の制御」と「皮膚の再生」とするきっかけになる。2018年4月から浜松労災病院に院長として勤務している。
形成外科領域全域に精通。特に熱傷・瘢痕・ケロイドと口唇裂・口蓋裂治療に実績があり、数多くの教科書や論文を執筆。初論文は1980年、胸部の熱傷のために乳房発育不全になった女性患者に行った乳房再建手術である。当時の先端医療であった筋皮弁を用い、キズアトが目立たないように気を配った手術であった。現在に至るまで一貫して「目立つキズアトを残さない、新たなキズアトを作らない」というのが鈴木医師の治療に対するポリシーである。
鈴木医師は人工真皮を開発し、市販開始後すでに20年以上経過するが、現在も世界各国で使用されている。さらに近年は床ずれや足の慢性潰瘍などにも使用可能な、血管の再生を促すタンパク質「塩基性線維芽細胞増殖因子(bFGF)」を少しずつ放出する機能をもつ新しい人工真皮の開発にも成功し、2018年4月に国の承認を得た。

医師プロフィール

1977年3月 京都大学医学部 卒業
1977年4月 京都大学医学部附属病院形成外科研修医
1978年4月 浜松労災病院形成外科医員
1980年9月 京都大学医学部附属病院形成外科医員
1987年3月 京都大学大学院医学研究科博士課程修了、医学博士取得
1987年4月 京都大学医学部附属病院形成外科助手
1988年6月 兵庫県立尼崎病院形成外科医長
1989年6月 京都大学医学部形成外科講師
1992年10月 同助教授昇任
1999年11月 香川医科大学形成外科学教授
2003年1月 京都大学大学院医学研究科感覚運動系外科学講座形成外科学教授
2018年4月 独立行政法人 労働者健康安全機構 浜松労災病院 病院長
(更新日:2018年8月27日)