胸部・腹部の内臓の構造

◆人体の構造図<胸部・腹部の内臓>



 胸部・腹部の内臓は、横隔膜によって上部の胸腔と下部の腹腔とに分かれ、それぞれ内面が胸膜と腹膜でおおわれています。
 胸部内臓のおもなものは心臓と左右の肺で、胸腔の中央を縦隔といい、そこに心臓に血液が出入りする大血管(大動脈、大静脈と肺動脈)、肺に空気が出入りする気管、左右の気管支、口から食物が通る食道やリンパ節などがあります。
 肺と気管、気管支は、鼻・のど(喉頭)とともに呼吸に関係する器官ですから、呼吸器と呼ばれます。
 腹部内臓には口、食道からはじまる消化管とその他の臓器があります。消化器は、口から食べた食物を消化し、からだを養うのに必要な栄養を吸収し、食物の残りを糞便として排出するはたらきをする臓器です。これらには食道、胃、小腸(十二指腸→空腸→回腸)、虫垂、大腸(盲腸→上行結腸→横行結腸→下行結腸→S状結腸→直腸)と肛門、肝臓、胆嚢、膵臓などがあります。
 その他の内臓には、脾臓や腎臓、尿管、膀胱などの泌尿器があります。腎臓の上には副腎がかぶさっています。
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会