眼瞼縁炎(ただれ目)〔がんけんえんえん(ただれめ)〕

 まぶたのふち、おもに目頭や目尻がただれて、そこの皮膚が赤くはれ、かゆみがあり、かくとヒリヒリ痛くなります。原因としてはアレルギー、細菌感染や目薬を必要以上に多く点眼したときなどに起こります。治療は原因を取り除くことが第一で、副腎皮質ステロイド薬を含む眼軟膏(がんなんこう)を寝る前に塗ることもあります。
医師を探す