鼻中隔彎曲症〔びちゅうかくわんきょくしょう〕

 鼻中隔は芯が軟骨と骨で、その両側を粘膜にはさまれている、いわばサンドイッチ様の構造をしています。これがどちらかに曲がっていて狭いほうに鼻閉(びへい)が生じるのが、鼻中隔彎曲症です。原因は成長時のゆがみが原因となることが多く、ついで外傷により生じます。

 実は、わたしたちの鼻中隔は程度の差こそあれ曲がっているものです。それが限度を超えると、症状として感じるのです。彎曲の突側に刺激を受けやすいので、鼻出血を起こすこともあります。
 治療は、手術をして曲がっている軟骨や骨の一部を取り除きます。この手術を鼻中隔矯正術といいますが、鼻の中の操作ですむので鼻の外側に傷は残りません。
医師を探す