弁膜症の外科的治療

 外科的治療法は僧帽弁、大動脈弁ともに機械弁や生体弁を用いた置換術や形成術などがあります。機械弁はパロライトカーボンというものやチタンなどの金属を素材にしており、ほぼ半永久的に効果が期待できますが、金属が血液と直接触れて血栓をつくることがあり、血栓予防のための抗凝固療法(ワルファリンカリウムの服用)が一生涯必要となります。ワルファリンカリウムの効果には個人差があり、また同じ個人でも食事や併用薬剤などの種類に影響を受けることがあります。このため通常、定期的にワルファリンカリウムの効き具合を採血によりチェックします。
 いっぽう生体弁はウシの心膜などを利用してつくられたものですが、この場合、手術直後を除き、ワルファリンカリウムは必要なくなります。このため、高齢者や妊娠を希望する女性など、ワルファリンカリウムをのむことがむずかしい場合に用いられます。しかし年月とともに劣化してしまうため、将来的には再手術が必要になります。
 大動脈弁や僧帽弁の閉鎖不全症の場合、形成術がおこなわれることがあります。形成術とは弁そのものを取り換えるのではなく、自分の組織などを利用して手を加え、文字通りつくり直す手術です。高度の技術を要することと、弁の異常が高度の場合には形成術が不可能になることもありますが、近年多くの施設で実施されるようになってきました。手術後は、心房細動などの合併症がなければワルファリンカリウムの必要性もなくなります。
 弁膜症の手術は基本的には弁を取り換えたり形成したりする手術になりますが、大動脈の弁膜症では大動脈の拡張が同時にみられることがあり、将来破裂する危険がある場合には大動脈を人工血管に取り換える手術も同時におこなわれることがあります。

■経皮的大動脈弁置換術(TAVI / TAVR )
 弁膜症の手術は、心臓外科医による開胸手術が必要となります。これは実際に胸を切り開き、心臓をとめて人工心肺という大きな機械に心臓と肺の肩代わりをさせながら心臓を切って弁の手術をする方法です。しかし近年、カテーテル(細い管)による手術がおこなわれるようになってきました。いまは大動脈弁狭窄症に対する治療としておこなわれており、経皮的大動脈弁置換術(TAVI / TAVR)といわれています。
 具体的には足の付け根などからカテーテルを入れて、新しい生体弁を乗せたバルーン(風船)をふくらませながら植え込んでしまうという治療法です。使用している生体弁やバルーンなどの進歩により急速に普及してきていますが、いまのところ高齢者やほかの病気などにより開胸手術がむずかしいと考えられている患者さんが対象となっています。
 さらに欧米では、僧帽弁閉鎖不全症に対してもカテーテル治療がおこなわれるようになってきています。心臓の機能が低下して心臓が大きくなり、僧帽弁の根元が拡大してしまい、難治性の心不全をくり返している人を対象としたものです。これらの人では、僧帽弁の部分が拡大したために2枚の扉がうまく閉じなくなっています。この閉じなくなった2枚の扉をクリップで中央からひっかけて近づけ、血液の逆流を少なくするという治療法です。日本でも臨床試験がすでにおこなわれており、将来正式に認可されれば、ますます治療の選択肢がひろがることになり、期待されています。

医師を探す