カテーテル閉鎖術〔かてーてるへいさじゅつ〕

 カテーテル閉鎖術とは足の付け根やくびの血管からカテーテルという細い管を入れて、心臓の孔や異常血管に閉鎖器具を置くことによって、胸を切って開くことなく孔をふさぐことができる治療法です。手術と組み合わせて病気の治療に役立てることもあれば、動脈管開存や心房中隔欠損ではこの治療だけで手術をせずに治すことができます。
 動脈管開存では、従来は外科手術で動脈管をしばる治療方法だけでしたが、1990年代からコイルを使用したカテーテル閉鎖術が普及しました。コイル閉鎖術は太い動脈管に適用するのは困難でしたが、2009年からは閉鎖栓が使えるようになり、多くの患者さんでカテーテルによる閉鎖が可能かつ安全におこなえるようになっています。


■心房中隔欠損のカテーテル閉鎖術
 心房中隔欠損のカテーテル閉鎖術は日本では2005年からおこなわれています。

 閉鎖栓治療が可能な条件として、孔(あな)が大きすぎず位置がはしに寄っていないなどの制約があります。閉鎖栓による治療は、胸を開き心臓をとめて孔を閉鎖する外科手術にくらべて、からだへの負担や痛みによる苦痛などが少ない利点があります。最近では心房中隔欠損の閉鎖を受ける人のうち、約半数の人がカテーテル閉鎖術を受けています。
医師を探す