急性膵炎、急性膵壊死〔きゅうせいすいえん、きゅうせいすいえし〕

 急性の炎症が膵臓に起こったものです。膵臓がつくる膵液がなんらかの原因で活性化されて、膵臓自身が自己消化されて起こると考えられています。急性膵炎は、膵臓がはれるだけで比較的容易に回復する軽症なもの(浮腫〈ふしゅ〉性膵炎)から、膵臓や周囲の組織に出血や壊死(えし)を起こし(壊死性膵炎)、急激に死に至るものまでさまざまで、その程度により軽症、中等症、重症に分類されます。
 特に、重症急性膵炎では炎症が膵にとどまらず、肺・腎・肝などの重要臓器にまで波及し多臓器不全を起こし、壊死した部位に細菌感染が起こることにより、重篤な感染症を合併します。

[原因]
 急性膵炎の原因としては飲酒によるものがもっとも多く、ついで多いものは胆石が乳頭部に一過性に停滞・嵌頓(かんとん)し、胆汁が膵管内に逆流することにより膵酵素が活性化されて膵炎を起こす胆石性膵炎です。そのほか、内視鏡的乳頭切開術や内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査後、および手術後に起こる膵炎があります。また、頻度は少ないですが、薬剤投与後や妊娠、高脂血症に伴う膵炎もみられます。
 しかし、原因が特定できない膵炎(特発性膵炎)もアルコール性膵炎、胆石性膵炎につぐ頻度で起こります。

[症状]
 急性膵炎でもっとも多い症状は持続する上腹部全体の激しい痛みで、患者は痛みを軽減させるために前かがみになり、右を下にしてうずくまる場合があります。嘔吐(おうと)を伴うこともありますが、吐いても痛みは軽減しません。さらに腹部が緊満し、排ガス、便通もなくなります。
 重症急性膵炎では顔面や皮膚が蒼白となり、冷や汗をみとめ、血圧は低下し心拍数は増加してショック状態となります。感染を伴う場合は発熱があり(敗血症)、呼吸は浅く小刻みとなり、尿量の減少により腎不全を起こします。また、肝不全から生じる黄疸(おうだん)や意識障害もみられ、消化管出血が原因となる黒色便がみられることもあります。

[診断]
 尿や血液のなかのアミラーゼが非常に多くなることで診断できます。白血球の増加、血液凝固能の低下もみられます。
 激しい痛みをはじめとするさまざまな症状は、胃や十二指腸穿孔(せんこう)の症状とたいへんよく似ています。すぐ医師の診断を受け、治療を受けなければ重症化し、生命にかかわります。

[治療]
 入院が必要で、膵臓の安静を保つために食事や水分の経口摂取を禁じ、必要な栄養は点滴によってとります。また、鼻から胃に管を入れて胃液を体外に引くのが一般的です。膵臓内での消化酵素(たんぱく質分解酵素)の作用を抑制する目的で酵素阻害薬を静脈より注入しますが、重症の場合は動脈より注入することもあります。
 さらに感染症の予防として抗生物質の投与をおこないます。重症急性膵炎では循環管理や呼吸管理、血液浄化療法を含めた集中管理が必要となります。膵臓の壊死部に細菌感染が起こり化膿した場合は、経皮的に穿刺(せんし)してチューブを挿入して排膿したり、手術により壊死部分を切除し徹底的な排膿目的でチューブを数本挿入します。あわせて胆石症胆石症があれば胆嚢(たんのう)摘出術をおこないます。
 いちばん大切なことは、手術を必要とするほかの急性の腹部の病気と区別することです。
医師を探す