脂質異常症(高脂血症)〔ししついじょうしょう(こうしけつしょう)〕

 脂質異常症は、血液中のコレステロールや中性脂肪の量に異常が生じる病気です。以前は「高脂血症」と呼ばれましたが、悪玉のLDLコレステロールが高いタイプ、中性脂肪が高いタイプに加えて、善玉のHDLコレステロールが低いタイプも動脈硬化のリスクとなることから、改称されました。しかしながら、高LDLコレステロール血症や高トリグリセライド血症といった、脂質値が高くなる病態に対しては、いまでも「高脂血症」という診断名を使用されることがあります。
 コレステロールは本来、細胞を形成する成分として必要な物質です。しかし、量がふえ過ぎた状態が続くと動脈硬化の原因となります。自覚症状がないため、放置しておくと、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こすおそれもあるのです。脂質異常症というのは、血液中の脂質、具体的にはコレステロールや中性脂肪(代表的なものはトリグリセライド)が多過ぎる状態のことです。
■LDLコレステロール
 悪名高い脂質として有名です。しかし、本来のはたらきは、コレステロールをからだのすみずみまで運ぶ運搬者として、とても大切なのです。ただし、一定量を超えると、血管をボロボロにする動脈硬化の原因となるため、「悪玉コレステロール」とも呼ばれています。
■中性脂肪
 またの名を「トリグリセライド(トリグリセリド)」と呼びます。中性脂肪と聞くと、わるいイメージがあるかもしれませんが、からだにとっては非常に重要な役割をもち、わたしたちが生きていくために欠かせない「エネルギー源」となっています。ただし、余分な中性脂肪は、おもに皮下脂肪にためられるため、血液中で一定量を超えると、肥満の原因にもなってしまいます。
■HDLコレステロール
 からだの中の余分なコレステロールを掃除機のように吸い込んで、肝臓へ回収する運搬者です。そのため、「善玉コレステロール」とも呼ばれています。

[診断]
●脂質異常症の診断基準(空腹時採血)
LDLコレステロール140mg/dL以上高LDLコレステロール血症
120~139mg/dL境界型高LDLコレステロール血症
HDLコレステロール40mg/dL未満低HDLコレステロール血症
トリグリセライド(TG)150mg/dL以上高トリグリセライド血症


[治療]
 脂質異常症は、動脈硬化疾患の危険因子の一つであり、糖尿病や高血圧など他の危険因子とあわせて医師と治療の必要性を相談してください。通常は、ほかに重大な疾患のない人の場合、「食事療法」と「運動療法」などの生活習慣の改善を第一に取り組み、それでも十分でない場合には、「食事療法」や「運動療法」に加え「薬物療法」をおこないます。

1.食事療法
 食事療法では、適正体重を維持すること、および一人ひとりの活動量に適したカロリー量の摂取と栄養素のバランスを保つことが重要です。高LDLコレステロール血症の場合は、LDLコレステロールをふやしてしまう脂肪酸やコレステロールが含まれる食べ物の過剰な摂取は控えましょう。具体的には、脂肪が多く含まれる肉類や乳類、卵などです。食事療法は、食事内容と、調理方法を工夫することで、その効果は大きく変わってきます。
●ご飯やめん類などの主食は、しっかりと食べましょう。おなかがすいていると、ついつい間食などしてしまい、かえって摂取カロリーがふえてしまいます。
●お肉は、その部位や種類によって、含まれるカロリーやコレステロールの量が違います。ささ身など、低カロリーのものを選ぶこと。また、調理するときには、なるべく脂身は包丁で切り除いておきましょう。
●まぐろやさばなどの背中が青い魚には、コレステロール値を下げる脂肪酸が含まれています。人参やブロッコリー、カボチャなどの緑黄色野菜も、動脈硬化を予防するビタミンCを多く含んでいます。これらの食材は、積極的に食べるとよいでしょう。
●過度のアルコール摂取は中性脂肪(トリグリセライド)の過剰合成をまねき、動脈硬化による血圧上昇、脳血管障害や、脂肪肝による肝機能障害などの危険性を増加させます。アルコールの摂取を制限すると、中性脂肪(トリグリセライド)の合成が抑制されるので、アルコール摂取は25g/日以下に抑えるようにしましょう。

2.運動療法
 からだを動かすことで、さまざまな効果が出てきます。脂質異常症の原因となる物質を減らせるだけでなく、ふとりにくい体質になり肥満の予防につながります。また、他の生活習慣病の予防にもなるため、脂質異常症だけでなく、相乗的にさまざまなよい影響が出てくると考えられます。
●運動療法といっても、マラソンや水泳など、ハードな動きだけが運動療法とは限りません。たとえば、1日3000歩を歩くだけでも、10分間ランニングするエネルギー消費と同じです。個人差はありますが、目標消費カロリーは1日300~400kcalなので、1回1万歩を目標にしましょう。
●運動療法は、食事療法と同じく、長く続けることがとても大切です。個人差がありますので、程度としては、ご自身が「すこししんどいけれども、無理なく続けられる」というくらいが、ちょうどよいでしょう。整形外科など他の診療科を受診されている人は、どのような運動療法がふさわしいかを、主治医と相談してからはじめてください。

3.薬物療法
 食事療法や運動療法の生活習慣の改善を一定期間おこなっても、十分な脂質値(LDLコレステロールや中性脂肪など)の改善が得られない場合や、すでに心筋梗塞などの重要な動脈硬化疾患を発症している場合には、薬物療法が考慮されます。
 コレステロール低下薬は、合成阻害のHMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン製剤)や吸収阻害のエゼチミブがもっともよく使われます。中性脂肪低下薬にはフィブラート系薬剤がもっとも有効ですが、魚油からつくられたエイコサペンタエン酸や、ニコチン酸製剤も使用されます。脂質異常症のタイプや、ほかに合併している疾患等にあわせて医師が治療薬を選択します。薬をのむことは、治療の一つですが、脂質異常症の原因を取り除けるわけではありません。ですから、薬をのみ始めても、食事療法と運動療法はきっちりと続けましょう。

4.禁煙
 喫煙習慣は男女問わず、冠動脈疾患、脳血管障害等の危険因子であるばかりでなく、糖尿病、脂質異常症(HDLコレステロール低下)、メタボリックシンドロームの発症リスクを上昇させてしまうので、禁煙は必須です。禁煙治療は、一定の要件を満たす場合には保険適用となるため、主治医に相談しましょう。
医師を探す