胆道閉鎖症〔たんどうへいさしょう〕

 生まれつき胆管がなかったり、閉じていたり、狭くなっていたり、途中でとぎれていたりする病気で、生後すぐに黄疸(おうだん)があらわれます。
 生後1~2カ月のうちに胆汁が腸に流れるように手術(葛西の手術)をするか、体重が6kgぐらいになるのを待って肝移植をおこないます。葛西の手術では十分に対応できないことがあり、その際は待機的な肝移植の適応になります。

【参照】子どもの病気:胆道閉鎖(症)

(執筆・監修:自治医科大学附属病院 病院長/自治医科大学外科学講座 教授〔消化器外科学〕 佐田 尚宏