日光角化症(老人性角化腫)〔にっこうかくかしょう(ろうじんせいかくかしゅ)〕

 高齢者の顔や手背など日光によく当たる部位に、大豆大の角化性落屑(らくせつ)を付けた紅斑(こうはん)ないし褐色(かっしょく)斑として出てきます。1個だけでなくたくさん出ることもあります(多発)。
 皮膚の色の白い人にできやすく、長い間の紫外線曝露(ばくろ)が原因といわれています。この病気は痛くもかゆくもありませんが、長い間には皮膚がんになる可能性もあるので気をつけてください。


[治療]
 手術して切除してしまうのが安全です。多発しているときは、液体窒素による凍結療法も用いられます。最近はイムキモドクリームを外用して治療することもしばしばです。
医師を探す