粉瘤(アテローム)〔ふんりゅう〕

 からだ中どこにでもできます。大きさも小さいものからニワトリの卵大、もっと大きくなるものもあります。皮膚からドーム状に盛り上がって、さわるとゴムまりを押したような感じがします。これは表皮でできたふくろがあって、その中に、あかと脂のまざったものが入っているからです。
 これに細菌感染が起こると、急に大きくなり痛みます。うみが出ることもよくあります。


[治療]
 細菌感染が起きているときは抗生物質を内服し、うみがたまっているときは切開、排膿(はいのう)します。感染が起こっていないときに手術・切除するのがよいでしょう。
医師を探す
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会