爪の損傷〔つめのそんしょう〕

■爪下血腫(そうかけっしゅ)
 指先をはさんだりすると、爪の下に血液がたまって黒色に変化することがあります。しばしば骨折を伴います。

【治療】
 痛みが強いため、爪に小さな孔(あな)をあけて血腫を出します。

■爪剥脱(つめはくだつ)
 爪がはがれた状態です。

【治療】
 爪の付け根にある組織(爪母〈そうぼ〉)が残っていれば、爪は再生します。はがれた爪が残っていれば、爪を戻して固定します。
医師を探す