しみ

 顔面などに発生する色素斑です。老人性色素斑は褐色の色素斑で、紫外線などの影響で発生します。肝斑(かんぱん)は女性特有のしみであり、両側の頬部(きょうぶ)を中心に粒状の色素斑が多数みられます。

【治療】
 老人性色素斑にはQスイッチ・ルビーレーザー、トレチノイン酸・ハイドロキノンによるケミカルピーリングが有効です。
 肝斑にはトレチノイン酸・ハイドロキノンによる治療のほか、トラネキサム酸の内服をおこないます。

(執筆・監修:埼玉医科大学 教授〔形成外科・美容外科〕 時岡 一幸)
医師を探す