しみ

 顔面などに発生する色素斑です。老人性色素斑は褐色の色素斑で、紫外線などの影響で発生します。肝斑(かんぱん)は女性特有のしみであり、両側の頬部(きょうぶ)を中心に粒状の色素斑が多数みられます。

【治療】
 老人性色素斑にはレーザー治療や、トレチノイン酸・ハイドロキノンによるケミカルピーリングが有効です。
 肝斑にはトレチノイン酸・ハイドロキノンによる治療のほか、トラネキサム酸の内服をおこないます。
医師を探す

関連トピックス


関連ニュース


厚労省記者クラブから

2018/09/04
活動的な毎日をより長く、最大限に楽しみたい、幅広い世代の患者さんのニーズに応えた 「レジリエント」な生体弁を新発売

エドワーズライフサイェンス株式会社

2018/03/29
新製品&リニューアル 頭皮などのかゆみ治療薬「ムヒエイチディ」から “しみないタイプ”が新登場! 『ムヒHDm』

株式会社 池田模範堂