胎位の異常―骨盤位(さかご)〔たいいのいじょう―こつばんい(さかご)〕

 胎児は頭をさきにして生まれてくることがふつうですが、おしり(場合により足)をさきにして生まれてくることがあります。これが骨盤位分娩(こつばんいぶんべん)です。いわゆる、さかごです。
 頭よりも小さいおしりがさきに産道を下がってくるために、児頭が出にくかったり、臍帯(さいたい)が圧迫されて赤ちゃんの状態がわるくなることがあります。特にもっとも小さい足がさきになって産道に入ってくると(足位)、産道はあまり広く開かず、児頭の通り抜けは難しくなります。また、破水(はすい)があると臍帯が下垂、あるいは脱出という危険があり、この場合は胎盤からの血行が途絶え赤ちゃんの死につながります。
 したがって、最近ではあらかじめ帝王切開が選択されることがほとんどです。
医師を探す