子宮内反症〔しきゅうないはんしょう〕

 弛緩(しかん)した子宮底が子宮腔内に陥没する場合で、完全に反転した場合は腟外に露出することもあります。医師が用手整復をおこないますが、困難な場合は開腹手術になることもあります。

(執筆・監修:同愛記念病院 産婦人科 磯野 聡子)