産道の異常〔さんどうのいじょう〕

 骨盤が狭いものを狭骨盤(きょうこつばん)といいます。妊婦の身長が低い場合や、小さいときから脚が不自由な人も骨盤が狭かったり、骨盤の奇形を伴っていることがあるので、あらかじめX線検査をおこなって調べることがあります。ただし、たとえ骨盤が狭くても赤ちゃんが小さければ正常分娩が可能なことがあります。
 逆に骨盤が正常の大きさでも赤ちゃんの頭が大きすぎれば、産道を通過することができません。このように骨盤の大きさに比較して赤ちゃんの頭が大きすぎる場合を、児頭骨盤不均衡といいます。ぎりぎりの程度のときには、一応自然の産道から産まれるかどうか試みることがあり、これを試験分娩と呼んでいます。
医師を探す