陣痛の異常〔じんつうのいじょう〕

 子宮の収縮の弱いものを微弱陣痛(じんつう)、逆に強すぎるものを過強陣痛といいます。微弱陣痛の場合に、子宮を収縮させる薬剤をゆっくりと静脈の中に点滴で注入する方法がとられます。この場合、逆に過強陣痛になることがありますので注意が必要です。お産が急速に進み子宮破裂の危険も生じるからです。必ず分娩(ぶんべん)監視装置を用いて陣痛と心拍数をみながらおこないます。
 遷延(せんえん)分娩とは、分娩第1期あるいは第2期に、平均以上に時間が経過しているのに分娩が進行しないものをいいます。
医師を探す