頸管裂傷〔けいかんれっしょう〕

 娩出(べんしゅつ)力が強く頸管の抵抗がとても強いときなど、頸管に強い力がかかる場合に起こります。分娩(ぶんべん)を終え、腟(ちつ)や外陰に傷がなく、子宮の収縮もよいのに出血がいつまでもだらだらと続く場合は、頸管裂傷が疑われます。診察して裂傷部を確かめ縫合(ほうごう)します。

(執筆・監修:恩賜財団 母子愛育会総合母子保健センター 愛育病院 名誉院長 安達 知子
医師を探す