産科ショック〔さんかしょっく〕

 分娩(ぶんべん)時には種々の要因[弛緩(しかん)出血胎盤早期剥離(はくり)子宮破裂頸管(けいかん)裂傷、羊水塞栓症(羊水内容が母体血中に移行し塞栓が起こること)、DIC(播種〈はしゅ〉性血管内凝固)など]によりショックの発生をみることがあります。心不全、腎不全、肺水腫などを発症するため、全身管理が必要になります。

(執筆・監修:同愛記念病院 産婦人科 磯野 聡子)