弛緩出血〔しかんしゅっけつ〕

 胎盤娩出後に子宮の収縮がわるいと出血がいつまでも続くことがあり、これを弛緩出血といいます。出血が多量に及ぶと血圧が下がりショック状態となり、輸血が必要となることもあります。子宮収縮薬を用いたり、医師が両手で子宮を圧迫したりして子宮を収縮させます。

(執筆・監修:同愛記念病院 産婦人科 磯野 聡子)
医師を探す