弛緩出血〔しかんしゅっけつ〕

 胎盤娩出(べんしゅつ)後に子宮の収縮がわるいと出血がいつまでも続くことがあり、これを弛緩出血といいます。巨大児や多胎妊娠、肥満妊婦などに起こりやすいとされます。出血が多量に及ぶと血圧が下がりショック状態となり、輸血が必要となることもあります。子宮収縮薬を点滴したり、医師が片手を腟内に入れ、もういっぽうの手を妊婦の腹壁に当てて、両手で子宮を挟むようにして圧迫したりして、子宮の収縮を促します。

(執筆・監修:恩賜財団 母子愛育会総合母子保健センター 愛育病院 名誉院長 安達 知子
医師を探す