糖尿病

 糖尿病には、インスリンの分泌機能の障害によって起こる1型糖尿病(インスリン依存型糖尿病)と、インスリン受容体の感受性低下によって起こる2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)があります。中年以降に発症する糖尿病のほとんどは後者です。症状としては、高血糖による症状と特に症状がないまま進行する慢性の合併症にもとづく症状があります。
 高血糖による症状としては、多飲・多尿、口渇、昏睡(こんすい)、やせなどがみられます。慢性的な糖尿病の合併症としては、全身の血管に動脈硬化が起こり、脳卒中や心筋梗塞が起こりやすくなったり、下肢の血管に動脈硬化が強く起こると血液が流れにくくなり、歩くと足が痛んだり、下肢が壊死(えし)におちいったりします。また、心臓のはたらきが低下して、心不全も起こしやすくなります。
 そのほかに網膜症によって視力が低下したり、失明したり、腎不全が起こったり、神経痛、知覚まひ、立ちくらみが起こります。このような合併症は、はじめは無症状のまま進行することが多く、症状があってはじめて糖尿病が見つかった場合には、手遅れになりかねません。また、外科的手術が必要な状況になっても、血管が動脈硬化により手術に耐えられず、断念しなくてはならなくなる場合もあるのです。

■養生のポイント
 ふとりすぎて糖尿病にならないようにするために、標準体重を守ることが大切です。ただし、肥満がなくても体質的に糖尿病が発症することは十分ありうるので、定期的に健康診断を受け、早期に発見するように心掛ける必要があります。また健康診断においても、1回だけの採血では軽い糖尿病は見逃される可能性がありますので、ぶどう糖負荷試験など精密検査を受けたほうがよいと思われます。
 糖尿病になった場合には、主治医に指導してもらい、食事療法、運動療法、薬物療法を一生続ける必要があります。

■定期健診
 糖尿病は自覚症状がないままに進行して、自覚症状が出たときには重症化していることが多い病気です。このため定期的に健康診断を受け、早期発見につとめることが大切です。
 通常は空腹時血糖やグリコヘモグロビンの測定で診断が可能ですが、時にぶどう糖負荷試験が必要になることもあります。

関連トピックス


関連ニュース


厚労省記者クラブから

2018/10/09
糖尿病モデルマウスの血糖値改善に成功

順天堂大学

2018/09/27
アストラゼネ力のフオシーガが2型糖尿病患者さんを対象とした 大規模心血管アウトカム第Ⅲ相DECLARE・T1M158 試験において 良好な結果を達成

ファイザー株式会社

2018/08/31
アストラゼネ力 SGLT2 阻害剤「フォシーガ」の 2 型糖尿病合併および非合併心不全患者さんに対する影響を評価する 新たな第Ⅲ相試験「DELIVER」 試験を開始

アストラゼネカ株式会社

2018/08/31
アストラゼネ力 SGLT2 阻害剤「フオシーガ」の 2 型糖尿病合併および非合併心不全患者さんに対する影響を評価する 新たな第Ⅲ相試験「DELIVER」 試験を開始

アストラゼネカ株式会社

2018/07/02
アストラゼネカがSGLT2 阻害剤「フォシーガ」の1型糖尿病に対する治療薬としての可能性を示す 新データをADA で発表

アストラゼネ力株式会社