感染症

解説
 細菌やウイルスなどの微生物に感染して発病する病気です。感染してから症状が出るまでの期間(潜伏期)や、人にうつす可能性のある期間を知っておくことは、病気の予防や、ほかの人に病気をうつさないために大切です。
 検査は、細菌感染では培養検査により、原因菌を同定します。ウイルス感染ではウイルスの分離は煩雑で時間もかかるため、血液検査で抗体価(微生物が感染すると、体内に微生物を攻撃するそれぞれに特有な抗体というたんぱく質が産生される)を測定し、抗体価の上昇によって感染を証明します。溶連菌、アデノウイルス、インフルエンザウイルス、ノロウイルス、ロタウイルス、RSウイルスでは迅速抗原検査により、短時間で微生物の存在を確認することができます。
 治療は、細菌感染には抗菌薬を用います。ウイルス感染には抗菌薬は無効です。一部の病気の原因となるウイルスを除いてウイルスを攻撃する薬はないので、症状をやわらげる治療(対症療法)が中心となります。また、病気によっては予防接種で積極的に予防することができます。

関連トピックス


関連ニュース


厚労省記者クラブから

2019/01/09
慢性活動性EBウイルス感染症を対象にJAK1/2阻害剤ルキソリチニブの 有効性、安全性を確認する医師主導治験を開始します。

東京医科歯科大学医学部附属病院/ 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構

2018/12/26
国立感染症研究所、新規開発の四量体SIgA 抗体作製技術を用いて 分泌型IgA 抗体のインフルエンザウイルス不活化機構を解明

国立研究開発法人日本医療研究開発機構

2018/12/01
ホロジックジャパン、感染症分野における研究用試薬を発売

ホロジックジャパン株式会社

2018/06/29
ジフテリアの流行が続くバングラデシュへ 感染症危機管理専門家(IDES)養成プログラムから初めて人材を派遣します

厚生労働省健康局結核感染症課

2018/06/26
ケニア中央医学研究所と共同で 汎アフリ力のHubとなる感染症研究施設を開設

国立大学法人 長崎大学