感染症

解説
 細菌やウイルスなどの微生物に感染して発病する病気です。感染してから症状が出るまでの期間(潜伏期)や、人にうつす可能性のある期間を知っておくことは、病気の予防や、ほかの人に病気をうつさないために大切です。
 検査は、細菌感染では培養検査により、原因菌を同定します。ウイルス感染ではウイルスの分離は煩雑で時間もかかるため、血液検査で抗体価(微生物が感染すると、体内に微生物を攻撃するそれぞれに特有な抗体というたんぱく質が産生される)を測定し、抗体価の上昇によって感染を証明します。溶連菌、アデノウイルス、インフルエンザウイルス、ノロウイルス、ロタウイルス、RSウイルスでは迅速抗原検査により、短時間で微生物の存在を確認することができます。
 治療は、細菌感染には抗菌薬を用います。ウイルス感染には抗菌薬は無効です。一部の病気の原因となるウイルスを除いてウイルスを攻撃する薬はないので、症状をやわらげる治療(対症療法)が中心となります。また、病気によっては予防接種で積極的に予防することができます。

関連トピックス


関連ニュース


厚労省記者クラブから

2019/04/15
クロストリジオイデス・ディフィシル感染症(CDI)の鑑別診断 遺伝子検出キツト「BD マックスCDIFF」が保険収載 ー抗菌薬関連下痢症・腸炎の主要原因ー

日本ベクトンディッキンソン株式会社

2019/03/26
麻疹に特有の臨床所見とされていたコプリック斑は、風疹や他のウイルス 感染症でも出現することが明らかになりました

地方衛生研究所全国協議会/群馬パース大学/日本医療開発機構

2019/02/25
ギリアド・サイエンシズ C 型慢性肝炎ウイルス感染症の治療薬 「エプクルーサ配合錠」 (ソホスブビル/ベルパタスビル)を 新発売

ギリアド・サイエンシズ株式会社

2019/01/24
慢性活動性EBウイルス感染症の原因と、 身近なウイルスががんを引き起こす仕組みを解明

名古屋大学/日本医療研究開発機構/藤田医科大学/京都大学/東京大学

2019/01/09
慢性活動性EBウイルス感染症を対象にJAK1/2阻害剤ルキソリチニブの 有効性、安全性を確認する医師主導治験を開始します。

東京医科歯科大学医学部附属病院/ 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会