突発性発疹〔とっぱつせいほっしん〕

[原因]
 6カ月から1歳くらいに多く、ヒトヘルペスウイルス6の感染で起こります。季節性はなく、年間を通して発症します。一度かかると一生免疫が得られます。

[症状][治療]
 潜伏期は9~15日です。突然に39~40℃の高熱が2~4日続きます。ときに下痢を伴うこともあります。
 解熱と同時か、やや遅れてはしかに似たピンクの発疹(ほっしん)が胴体を中心にあらわれ、3~4日で消失します。かゆみもなく、色素沈着を残しません。
 合併症として10%の頻度で熱性けいれんを起こすことがあります。ごくまれに脳炎もみられます。合併症のないかぎり、特別な治療は必要ありません。

【参照】感染症:突発性発疹
医師を探す