特集

アメリカ留学で街づくりに関心
再建の立役者、島田信也病院長
~熊本総合病院の軌跡と奇跡〔5〕~

 熊本県八代市にある熊本総合病院は、かつて熊本県内のつぶれる病院ナンバーワンとささやかれていた。前病院長は就任からわずか4カ月で急死。後継者になるのは、火中の栗を拾いにいくようなものだと誰もが思った。しかし、2006年に島田信也氏が病院長に就任すると、1年半で累積7億円の赤字を解消し、グループ内でトップの病院に躍進した。

小説家になりたかった高校時代(後列中央)

 ◇学校が嫌い

 破綻寸前の病院を見事に復活させた島田病院長とは、いったいどんな人物なのだろうか。少し生い立ちをさかのぼってみたい。

 島田氏は熊本の出身。ごく普通のサラリーマン家庭に生まれたが、代々地主で経済的には恵まれて育った。内科医の兄と画家の姉がいる。「兄貴が優秀で、私はカスみたいに扱われていました。小さい頃は悪い思い出しかないですね。とにかく学校が嫌いで、授業はほとんど聞いていませんでした」

 地元の名士の家に生まれ、それ相応の立ち居振る舞いを求められたが、島田氏はそれに反発を覚えた。「自分が地主だから特別みたいな感覚がおかしいと思って。家族の中では異質な存在でしたね。私は突然変異だと思うんです」

島田信也氏

 ◇小説家を目指す

 小説家を目指していたが、高校の同級生に「小説家で生活するのは難しいから、まず医者になってから小説を書いたら」と言われ、すっかりその気になった。熊本大学医学部に進学。「小説家になるために医者になったので、大学でもマージャンに明け暮れ、ろくに勉強しませんでした。しまいには医学部に友達がいなくなって、工学部の連中とばかり付き合ってたんです」

 外科医を選んだのは、手先が器用だったし、勉強しなくてもいいと思ったから。「外科医になり患者さんと接するようになって初めて、知識もない、修練も足らない、患者さんのためにならない自分が心から恥ずかしいと思いました。これじゃ、いかんと思って、本気になって勉強を始めたのは、それからです」

  • 1
  • 2

新着トピックス

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会