研究・論文

子どもの偏食は親に原因も

 就学前の子どもの食べ物の好き嫌いの多さと親の不安や抑うつ症状に高い相関がある、とオランダのエラスムス大学医療センターのデ・バルセ医師らが医学誌オンライン版に発表した。
 オランダ在住の4746人の4歳児とその両親を対象に、妊娠中と子どもが3歳の時にそれぞれ両親が抱える不安と抑うつ症状をスケールで数値化して関連を調べた。子どもの偏食に関してはアンケート調査した。
 その結果、妊娠中や就学前の母親の不安の高さは子どもの偏食の多さと関連しており、妊娠中の不安スケール1ポイントにつき、子どもの偏食スコアが1・02ポイント高くなった。また、母親の抑うつ症状も子どもの偏食と関連し、うつ病症状スケール1ポイントにつき、子どもの偏食スコアが0・91ポイント高かった。この相関性は父親の間でも認められた。(メディカルトリビューン=時事)

新着ピックアップ