治療・予防

ヘルペス治療にメンタルケアも =ありふれた感染症と理解を

 ◇画期的な再発抑制療法

 抗ウイルス薬を毎日1錠、1年間服用し続ける「再発抑制療法」が注目されている。ウイルス量を減らし、再活性化を抑え、ウイルスを休眠状態にする。沢村院長は「再発抑制療法は保険診療で受けられます。ただ、年に6回程度の再発がある人しか受けられないなどの条件はあります」と説明する。

 沢村院長は処方とともに「再発抑制療法ダイアリー」を渡している。飲み忘れをチェックし、再発時の症状の程度を記載する手帳のようなものだ。「昔は医者が患者さんを従わせる生活指導をしてきたようですが、今は違います。患者さん主体で、自分でコントロールする。それがメンタルケアの一助にもなると私は思います」

 再発抑制療法を行う医療機関はヘルペス情報サイト「Herpes.jp」などで検索できる。再発に悩んでいる人は一度相談してみてはどうだろう。(メディカルトリビューン=時事)(記事の内容、医師の所属、肩書などは取材当時のものです)

  • 1
  • 2

新着トピックス

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会