治療・予防

まぶたの裏に小さな粒 =異物感あれば手術を―結膜結石

 まぶたの裏に砂のような小さな粒が生じる結膜結石は、初期は無症状だが次第に「ごろごろ感」が生じ、痛みを伴うこともある。黒目を覆っている角膜を傷つける恐れもあるので、違和感が続くようであれば眼科を受診したい。

 ◇慢性の結膜炎も原因に

 眼球の表面の白い部分や上下のまぶたの裏側は、結膜と呼ばれる薄い膜で覆われている。結膜からは、黒目の表面を覆う涙の膜の安定性を保つ物質ムチンが分泌され、目の乾燥を防ぎ、目の表面を守っている。

 結膜結石は、結膜の表面の所々にあるくぼみに、古くなって脱落した結膜上皮細胞がたまり、石灰化して起こる病気だ。

 曽谷眼科(神戸市)の曽谷治之院長は「初期では症状は表れませんが、少しずつ結膜の表面に移動して露出することがあります。そうすると、まばたきのたびに結膜や黒目を覆う角膜とこすれ、ごろごろとした感じや異物感、痛みが生じるようになります」と説明する。

 結石が形成される原因は不明。結膜炎の慢性化で炎症があったり、重症化で組織が損傷して瘢痕(はんこん)という跡が残っていたりする結膜に結石が見られるという。若い患者は少ない。また、年々結石の数が増える人もいる。

 「慢性的な結膜炎の背景には、アレルギー症状やドライアイが潜んでいることも少なくありません」と曽谷院長は語る。

  • 1
  • 2

新着ピックアップ