防災メディカルDr.純子のメディカルサロン

津波から命を守るためには 久保田崇・元陸前高田市副市長

 ◇大切な災害情報を「確実に」「いち早く」入手できるツール

 最後に、警報や避難勧告などの情報を簡単に入手できるツールをご紹介します。最近では、携帯電話やスマホが自動的に「緊急地震速報」を知らせてくれるようになりましたが、これに対応していない機種もあります。その場合は、手動で「Yahoo! 防災速報」などの防災アプリを入れて住居地を登録しましょう。地震や豪雨など、災害情報がいち早く届くようになります。

 また、自治体によっては、災害情報や避難勧告など、防災行政無線でお知らせする重要な情報を、防災情報メールでも配信しています。これに登録しておくと、放送を聞き逃してしまったり、放送が聞き取りにくい場所にいたりした場合でも、文字情報で大切な情報が得られます。ぜひお住まいの自治体のホームページをチェックしてみてください。

 →東京都内の場合はこちら

 こうしたツールなども活用して、警報や避難勧告が出たら、「今回も大したことはないだろう」などと思わずに、防災訓練だと思って避難などの行動を起こしましょう。そのことが、「万一」「想定外」の災害から身を守ることにつながるのです。

【久保田崇】
(出典) 『避難マニュアル』(陸前高田市、2015年)

Dr.純子のメディカルサロン 防災メディカル