治療・予防

妊婦のアナフィラキシーに注意を=胎児にも低酸素血症などのリスク

 短時間に全身にアレルギー症状が出るアナフィラキシーは、重篤な場合、生命に危険が及ぶこともある。特に妊婦が起こすと、母体だけでなく胎児への影響も懸念される。帝京大学医学部付属病院(東京都板橋区)高度救命救急センター長の三宅康史(みやけ・やすふみ)教授に対応を聞いた。

 ◇最多の原因は抗菌薬

 アレルギーは体内に入った異物への免疫反応で、皮膚や呼吸器などに症状が表れる。母体が胎児を「異物」として拒絶することなく受け入れている妊婦は、「妊娠していないときよりも異物への許容範囲が広く、基本的にアレルギーは起こりにくい状態にあります」と三宅教授。

 しかし、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーなどがある人はやはり高リスク。アレルギーが無くても、妊娠による体の変化でアナフィラキシーを起こす恐れはある。体の変化は予測できないため、基礎知識を身に付けておくことが重要だ。

 妊婦のアナフィラキシーの原因で最も多いのは抗菌薬。過去に抗菌薬でアナフィラキシーを起こしたことがあったら必ず主治医に伝え、類似薬も含めて避ける必要がある。医療現場で使用するゴム手袋の素材のラテックスなどが原因となることもある。最近はラテックスを使わない手袋も普及しているが、アナフィラキシーの経験があれば事前に伝えることが大事だ。

 まれに、ハチに刺されてアナフィラキシー反応を起こす人もいる。「ハチ毒のアナフィラキシーは、初めてのときは症状が無くても、二度目に出現することがあります」と三宅教授は注意を促す。

  • 1
  • 2

新着ピックアップ