ヘルスコミュニケーションDr.純子のメディカルサロン

「ポジティブサイコロジー」とは 前野隆司慶応大大学院教授

 第6回日本ポジティブサイコロジー医学会学術集会が11月25日慶応大日吉キャンパスで開かれます。これは、幸せになることについて研究する新しい学会であり、興味がある方にぜひ参加していただきたいイベントです。2017年度学術集会の会長を務める前野隆司慶応大大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授にお話を伺いました。(文 海原純子)

 海原 「ポジティブサイコロジー」とは、一般的には耳慣れない言葉だと思います。どのような研究をするのか分かりやすく説明していただけますか。

 前野 臨床心理学や精神医学は心の病に対処するものですが、ポジティブサイコロジーは、「どうすれば人々はもっと幸せになれるのか」を追究する学問です。その対象には、心が病気になってしまった人たちだけでなく、病気になっていない未病の段階の人たちも含みます。つまり、普通の人たちが、「今の人生をより充実した幸福な人生にする」という意味を込めて「ポジティブ」という言葉が使われています。つまり、ポジティブサイコロジー(心理学)とは、自分の心のことわりを学んで、自ら幸せになっていく学問なのです。

 ポジティブ心理学を知る上での重要なキーワードは「レジリエンス」です。近年、心の病の予防や回復の重要な要素として注目されている考え方で、一言で言えば回復力。「あらゆる状況に対しての反応を制御し、挑戦や逆境から立ち上がる能力」と定義されます。

 よく「心が折れない」などといいますが、レジリエンスは心が折れないだけではなく、折れそうになったものが元に戻る力も意味します。ヤシの木みたいな感じと言えばいいでしょうか。台風が来てもポキッと折れるのではなく、風や豪雨に揺らされてもしなり、嵐が去った後は元に戻っているという感じです。


関連記事はこちら → 【TEA SALON】男女が心地よく働ける社会に向けて


Dr.純子のメディカルサロン 「ヘルスコミュニケーション」記事一覧