治療・予防

陥りやすい無謀な飲酒
急性アルコール中毒

 ◇意識の有無がカギ

 一緒にお酒を飲んでいる仲間がひどく酔ってしまったら、周囲はどう対応したらいいのか。「嘔吐(おうと)することも多いので、まずは喉に詰まって窒息しないよう横向きに寝かせてください。ネクタイやベルトなど体を締め付ける物は緩め、体温が下がらないよう上着などを掛けほしい」

 何より大切なのは、絶対に1人にせず、容体の急変に気付くことだ。「寝ているだけなのか、気を失っているのかの見極めのポイントは意識の有無です。呼び掛けても、つねっても何も反応が無ければ、直ちに救急車を呼んでください」

 「お酒は、場を盛り上げるための手段として使わず、食事と一緒にゆっくりと味わいながら飲んでほしい。お酒が弱い人や飲めない人もいるということを理解し、他人には決して強要しないでください」と、松下副院長は訴えている。(メディカルトリビューン=時事)(記事の内容、医師の所属、肩書などは取材当時のものです)

  • 1
  • 2

新着トピックス

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会