治療・予防

がん、認知症の原因に
肥満症を甘く見ないで

 日本では、体重(キロ)を身長(メートル)で2回割って算出する「体格指数(BMI)」が25以上の状態を肥満と呼ぶ。肥満が原因の病気があったり、その恐れがあったりする場合を「肥満症」といい、総合健診推進センター(東京都千代田区)の宮崎滋所長は「医学的に見て減量が必要な状態です」と語る。

 ◇男性は20代でも

 肥満が原因で起き、脂肪を減らすことで予防できる病気は11種類あることが分かっているが、肝臓がんや乳がん、子宮がんなどのがんも肥満が影響するといわれている。

 内臓脂肪がたまっていると、認知症になりやすいとの報告もある。肥満に伴って糖尿病や高血圧を合併すると、動脈硬化から脳血管障害を起こし、脳血管性認知症のリスクが高まるためだ。「肥満とアルツハイマー型認知症との関連も指摘されています」と宮崎所長。

 男性は20代でも肥満の人が増えているが、女性は一般的に40代以降に多くなる。「女性は、女性ホルモンの影響もあって年齢とともに徐々に内臓脂肪が増えていきますが、閉経後は特に増えやすい体質に変わるので注意が必要です」と説明する。

  • 1
  • 2

新着ピックアップ