ハヤミミDr.純子のメディカルサロン

第21回 医師に上手に不調を伝えるヒント

 病院の診察室
 外来が混雑していて医師に質問するのを遠慮してしまう。医師が不機嫌で話しにくい。そんな患者さんの意見を聞くことがしばしばですが、米医学雑誌「Journal of General Internal Medicine」の最新号でフロリダ大学の研究者グループが「患者が来院して受診理由を説明している時、医師から中断されるまでの時間は平均11秒」というデータを発表していて、その時間の短さがかなり衝撃でした。

 医師との最初の問診は、患者さんと医師との信頼関係を築き、診断の手掛かりと治療方針決定までの大事なプロセス。そこで、初診で医師に不調を効率的に上手に伝える方法を考えてみました。

 (1)受診理由の症状を目次で列挙

 例えば、熱が出て腰が痛くなり尿が赤い、排尿時に痛みがある、下腹部が痛くなり、下痢をして熱があるーなど、不調を全て話します。

 (2)経過を話す

 いつからその症状が起こり、どのように対処していたかなどを報告します。

 (3)現在治療中の病気の有無、服用している薬を伝える

 お薬手帳などあれば持参します。

 (4)症状と関連しているかどうか、気になることがあれば伝える

 例えば、前の週に海外に行っていた、数日前に○○を食べた、普段アルコールの摂取量が多いなどを伝えます。

 (5)既往歴

 入院するような病気や手術、けがのほか、高血圧、糖尿病などの慢性疾患。健康診断で指摘されたが、放置していることなどを手短に話します。

 症状が少ない場合は、経過を追って話す方が時間短縮になります。多くの症状がある場合は、まず箇条書きのように話す方がいいと思います。

  • 1
  • 2

Dr.純子のメディカルサロン 「ハヤミミ」記事一覧