一流の流儀 「追い込みの女王」AYA クロスフィットトレーナー

(第8回)食事は大事です
レシピを考え、実践

 AYAさんがトレーニングと同じくらいに大切だという食事について語ってもらった。彼女はレシピを自分で考え、本も数冊出版している。

 そもそも「クロスフィット」はフィットネスと健康の改善を目的に設計されたプログラムであることから、基本的な食事の分量などに関するアドバイスはある。例えば、良質の脂肪、肉は手のひらサイズ。ナッツは手づかみできる程度。野菜はたくさん食べてもよい。フルーツは野菜より少なめに…。だが、それだけでは分からない部分も多い。AYAさんは自分で考えて、自分で作って食べる。そして、食後のパフォーマンスをチェックして取捨選択している。

 「ハードなトレーニングをするときは特に食生活をきちんとしていないと、パフォーマンスを発揮できません。一例が炭水化物です。朝昼晩と食べたら、次の日は体が重くて動かない。1食、炭水化物を抜いたら動いた。そもそも炭水化物は何のためにあるかを考える。それはエネルギー。それならトレーニングの前に食べると意味があるのではないかという流れです」

 「また、かなりハードなトレーニングをした後にヘビーな物を食べるとおなかが痛くなる。内臓に負担がかかるのですね。トレーニングをすると、体が敏感になります。こんなふうに、クロスフィットが食事をどう取るべきかを教えてくれたのです」

  • 1
  • 2

一流の流儀 「「追い込みの女王」AYA クロスフィットトレーナー」コラム一覧