一流の流儀 「追い込みの女王」AYA クロスフィットトレーナー

(第12回)トレーナーという仕事
常に生徒の手本であれ

 シックスパックへの道は誰にも開かれているが、決して楽な道ではない。AYAさんも努力と節制で極限のボディーをつくってきた。「気持ちがすべてを変えるのです」と語る彼女の体は、生徒に対する無言の教えでもある。切れ味の良い言葉の数々は「厳しいが、この人についていったら本当に変われるかもしれない」と思わせる、不思議な説得力を放って響く。
 「トレーニングって楽しい。それが落ち込んだ気持ちを救ってくれるのです」と真っすぐに話すAYAさんの言葉は、長年スポーツに親しんできた正直な気持ちだろう。嫌なことがあった時やストレスがたまっている時は、あえて苦しいトレーニングをしてみる。そして、運動の課題がクリアできた時には、自分の悩みが解決していることを感じてきたと言う。
 「達成感に満ちあふれているからかなあ。運動は自分の体の一部だし、欠かせません。運動に自分を救ってもらっている面が結構あると思います。だから、トレーニングはつらくても、本当はつらくないのです」と笑顔で話した。
 それにしても、周囲から尊敬と憧れを持って見られる肉体を手に入れた後でも、日々欠かさずにトレーニングを続ける理由はなぜだろうか。
 「クロスフィットは、高強度で肉体を追い込まなければならないフィットネスです。自分の体型がどうかということはあまり気にならない。しかし、トレーナーとしても自分のパフォーマンスがきちんとできる体でありたいと思っています。格好良く動けるようにこのトレーナーについていきたい。そう生徒さんに思われるよう、常に自信を持って指導していきたい。自分も追い込んでいなければ、偉そうなことは言えません。そのためにトレーニングを続けています」

  • 1
  • 2

一流の流儀 「「追い込みの女王」AYA クロスフィットトレーナー」コラム一覧