岩田広治 医師 (いわたひろじ)

愛知県がんセンター中央病院

愛知県名古屋市千種区鹿子殿1-1

  • 乳腺科部
  • 副院長
  • 部長

乳腺・内分泌外科 外科 がん

専門

乳がんの診断と治療

岩田広治

日本の乳がん治療のオピニオンリーダーにして東海地区の乳がん治療の要。診断から初期治療、再発治療、緩和医療まで幅広く一貫した治療を行っている。センチネルリンパ節生検を日本でいち早く取り入れるなど患者に負担の少ない手術をめざす。また薬物治療では現在の最先端の治療を提供することを第一に、世界規模の臨床試験にも数多く参加。新規薬剤をいち早く患者に届けている。再発から緩和医療でも、個々の事情に合わせ、院内のさまざまな科から構成される乳がんチームがサポートしている。

診療を受けるには

初診外来は曜日によって担当医が異なる。セカンドオピニオン外来は、月曜・水曜・金曜の午後に岩田医師が担当。病院連携による予約、紹介状はあった方がよいが、なくても診察は可能。手術は4週間待ち、乳房同時再建手術を行う場合は6週間待ち。

医師プロフィール

1987年3月 名古屋市立大学医学部 卒業
1987年 同学部第二外科助手、関連施設での研修の後
1991年7月 名古屋市立大学第2外科臨床研究医
1994年5月 三重県国保前島病院 外科医員
1996年12月 名古屋市立大学医学部第2外科助手
1998年4月 愛知県がんセンター乳腺外科医長
2003年4月 同乳腺外科部長
2005年4月 愛知県がんセンター中央病院乳腺科部長(施設名称変更)
2012年4月 同副院長兼乳腺科部長

所属学会

日本乳癌学会専門医・評議員、日本外科学会指導医、日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本癌治療学会、米国臨床腫瘍学会(ASCO)、日本癌学会、日本乳癌検診学会、日本臨床外科学会

主な著書

『乳がん―納得のいく治療を選ぶために (別冊NHKきょうの健康)』(2013年 NHK出版)
(更新日:2018年10月15日)