武井寛幸 医師 (たけいひろゆき)

日本医科大学付属病院

東京都文京区千駄木1-1-5

  • 乳腺科
  • 部長
  • 日本医科大学大学院 乳腺外科 教授

乳腺・内分泌外科 外科 がん

専門

乳がんの診断と治療

武井寛幸

乳がん治療の名医、さらには“名医が選ぶ名医”として取り上げられることもあり、年間400症例を超える乳がん手術を担当する乳腺外科チームを率いてきた。高い治療技術もさることながら「患者にやさしい医師」であるとして信頼を寄せる患者も多い。患者にとって最適な治療を行うことをモットーとし、その人に合わせたテーラーメイドの医療をめざしている。日本乳癌学会による「患者さんのための乳がん診療ガイドライン」作成小委員会では外科療法担当メンバーも務めてきた。

診療を受けるには

武井医師の外来診療は、火曜・水曜・金曜(火曜は再診)。予約制であるため医師の紹介状が必要。

医師プロフィール

1986年3月 自治医科大学 卒業
1994年6月 群馬大学医学部第二外科助手
1997年10月 米国ノースウエスタン大学医学部がんセンター留学
2001年7月 埼玉県立がんセンター医長
2008年4月 同科長兼部長
2013年4月 日本医科大学大学院 乳腺外科教授・日本医科大学付属病院 乳腺科部長

所属学会

日本外科学会外科専門医・指導医、日本乳癌学会乳腺専門医・評議員 、日本癌治療学会がん治療認定医、日本乳癌検診学会評議員、日本内分泌外科学会評議員、アメリカ臨床腫瘍学会(ASCO)会員、第9回日本乳癌学会関東地方会会長(2012年12月)

主な著書

『名医が語る最新・最良の治療 乳がん―あなたに合ったベストな治療法が必ず見つかる!!』(2011年 法研/共著)
(更新日:2018年2月19日)