大野真司 医師 (おおのしんじ)

がん研有明病院

東京都江東区有明3-8-31

  • 乳腺センター
  • 副院長
  • センター長

乳腺・内分泌外科 外科 がん

専門

乳がん

大野真司

大野真司医師は、乳がん治療において数々の実績を持つ全国屈指の名医。疾病だけでなく、こころ・社会・生活・家族を診る乳がんチーム医療の専門家であり、スタッフ一丸での「全人的医療」を追求する。手術・放射線療法・抗がん剤・分子標的治療薬・ホルモン剤などからその患者に最適な治療を行い、乳房温存術・RIセンチネルリンパ節生検によって患者の負担軽減にも尽力。再発防止や乳房再建にも積極的に取り組み、患者・家族に安心を届ける最先端医療を提供している。乳がん診療ガイドライン作成や若年乳がん患者のサポートにも取り組んでいる。
2015年4月より、がん研究会有明病院 乳腺センター長として移動。

医師プロフィール

1984年 九州大学医学部 卒業
1989年 米国テキサス大学臨床腫瘍学研究員
1993年 九州大学病院助手
1997年 九州大学病院併任講師
2000年 九州がんセンター乳腺科部長
2012年 九州がんセンター臨床腫瘍研究部長
2014年 九州がんセンター臨床研究センター長
2015年4月 がん研究会有明病院 乳腺センター長
(更新日:2018年10月16日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会