戸井雅和 医師 (といまさかず)

京都大学医学部附属病院

京都府京都市左京区聖護院川原町54

  • 乳腺外科
  • 教授

乳腺・内分泌外科 婦人科 外科

専門

乳がん

戸井雅和

戸井雅和医師は、乳がん治療のスペシャリスト。高い外科的技術力に加え、豊富な知識と広い視野でこの分野ではよく知られた名医である。乳がんは早いうちに発見し治療を開始できれば、大部分をコントロールすることが可能ということから、早期診断、早期治療に力をいれる。治療にあたっては、さまざまな治療を組み合わせた集学的な治療と、個々のがんの特性と生体の状態から最も適切な方法を選ぶパーソナライズドメディスンを遂行。豊富な経験と、薬物療法などの知識も兼ね備え、バランスのとれた診療を行う。

医師プロフィール

1982年 広島大学医学部卒業
1990年~1992年 英国Oxford 大学分子医学研究所ならびにOxford大学附属John-Radcliffe Hospital臨床腫瘍学部門に留学
1992年 東京都立駒込病院外科
2007年より京都大学大学院医学研究科 外科学講座乳腺外科学 教授
現在に至る
(更新日:2014年5月20日)