中村清吾 医師 (なかむらせいご)

昭和大学病院

東京都品川区旗の台1-5-8

  • ブレストセンター
  • センター長

乳腺・内分泌外科 外科 がん

専門

乳がん

中村清吾

中村清吾医師は、前任地である聖路加国際病院で、乳がん治療を消化器外科から独立させ、いち早く体制を構築し日本の乳がん医療を牽引してきた。整容性を重視した乳房温存手術に注力し、手掛ける手術の中で約60%が乳房温存手術だという。全人的に患者を支えるべく、総合的な支援チームを構築。個別化医療を実践している。今、特に力を入れているのは「遺伝性乳がん・卵巣がんの診断と治療」。乳がん発症リスクの高い遺伝子変異を持つ患者に対する最適な予防・検診・診断・治療・保険適応等をめざす研究は、高く評価されている。

医師プロフィール

1982年 千葉大学医学部卒業後、聖路加国際病院外科にて研修
1993年2月 同病院情報システム室長兼任
1997年 M.D.アンダーソンがんセンターほかにて研修
2003年5月 聖路加国際病院外科管理医長
2005年 同病院ブレストセンター長(初代)・乳腺外科部長
2006年 聖路加看護大学 臨床教授兼務、日本赤十字看護大学 非常勤講師
2008年 千葉大学医学部 臨床准教授兼務
2010年 昭和大学医学部外科学講座乳腺外科部門 教授、昭和大学病院ブレストセンター長、臨床遺伝医療センター長兼務
2014年4月 昭和大学薬学部病院薬剤学兼担講師、徳島大学客員教授
2016年2月 天津医科大学客員教授
(更新日:2014年5月20日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会