中村清吾 医師 (なかむらせいご)

昭和大学病院

東京都品川区旗の台1-5-8

  • ブレストセンター
  • センター長
  • 昭和大学医学部 乳腺外科 教授

乳腺・内分泌外科 外科 がん

専門

乳がん

中村清吾

中村清吾医師は、前任地である聖路加国際病院で、乳がん治療を消化器外科から独立させ、いち早く体制を構築し日本の乳がん医療を牽引してきた。整容性を重視した乳房温存手術に注力し、手掛ける手術の中で約60%が乳房温存手術だという。全人的に患者を支えるべく、総合的な支援チームを構築。個別化医療を実践している。今、特に力を入れているのは「遺伝性乳がん・卵巣がんの診断と治療」。乳がん発症リスクの高い遺伝子変異を持つ患者に対する最適な予防・検診・診断・治療・保険適応等をめざす研究は、高く評価されている。

診療を受けるには

外来担当は、セカンドオピニオンが、水曜・土曜の午前(不定期)、一般外来が木曜の午前。完全予約制。要紹介状。

医師プロフィール

1982年 千葉大学医学部卒業後、聖路加国際病院外科にて研修
1993年2月 同病院情報システム室長兼任
1997年 M.D.アンダーソンがんセンターほかにて研修
2003年5月 聖路加国際病院外科管理医長
2005年 同病院ブレストセンター長(初代)・乳腺外科部長
2006年 聖路加看護大学 臨床教授兼務、日本赤十字看護大学 非常勤講師
2008年 千葉大学医学部 臨床准教授兼務
2010年 昭和大学医学部外科学講座乳腺外科部門 教授、昭和大学病院ブレストセンター長、臨床遺伝医療センター長兼務
2014年4月 昭和大学薬学部病院薬剤学兼担講師、徳島大学客員教授
2016年2月 天津医科大学客員教授

所属学会

日本乳癌学会乳腺専門医・指導医・理事長、日本外科学会指導医・代議員、日本癌治療学会認定医機構暫定教育医・代議員、、検診マンモグラフィ読影認定医師、乳がん診療ガイドライン委員会評価委員、NPO法人日本乳腺甲状腺超音波診断医学会(JABTS)監事、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会副理事長、日本医学会評議員、日本外科系連合学会フェロー、ASCO会員
・AMED 中村班「次世代シークエンス解析技術を駆使した家族性乳がんの原因探索」研究代表者、
・AMED 関野班「磁気ナノ粒子によるセンチネルリンパ節の特定とがん転移の迅速診断法の開発」分担研究者、・厚労科研 平田班「全国がん登録と連携した臓器がん登録による大規模コホート研究の推進及び高質診療データベースの為のNCD長期予後入力システムの構築に関する研究」班員、・厚労科研 新井班「わが国における遺伝性乳癌卵巣がんの臨床遺伝学的特徴の解明と遺伝子情報を用いた生命予後の改善に関する研究」班員

主な著書

『中村清吾の乳がんが見つかったときにまず読む本』(2010年 主婦の友社) 
『「乳がん」と言われたら…』(2009年 保健同人社) 
『乳がん : 正しい治療がわかる本』(2008年 法研) 
『専門医が答えるQ&A : 乳がん』(2006年 主婦の友社) 
『乳がん―あなたにとって一番の治療を』(2005年 双葉社) 
(更新日:2018年2月20日)