中村清吾 医師 (なかむらせいご)

昭和大学病院

東京都品川区旗の台1-5-8

  • ブレストセンター
  • センター長
  • 昭和大学医学部 乳腺外科 教授

乳腺・内分泌外科 外科 がん

専門

乳がん

中村清吾

中村清吾医師は、前任地である聖路加国際病院で、乳がん治療を消化器外科から独立させ、いち早く体制を構築し日本の乳がん医療を牽引してきた。整容性を重視した乳房温存手術に注力し、手掛ける手術の中で約60%が乳房温存手術だという。全人的に患者を支えるべく、総合的な支援チームを構築。個別化医療を実践している。今、特に力を入れているのは「遺伝性乳がん・卵巣がんの診断と治療」。乳がん発症リスクの高い遺伝子変異を持つ患者に対する最適な予防・検診・診断・治療・保険適応等をめざす研究は、高く評価されている。

診療を受けるには

外来担当は、セカンドオピニオン火曜の午前、完全予約制。要紹介状。

医師プロフィール

1982年3月 千葉大学医学部卒業
1982年4月 聖路加国際病院外科レジデント
2005年6月 聖路加国際病院ブレストセンター長、乳腺外科部長
2010年6月 昭和大学医学部外科学講座乳腺外科学部門 教授、昭和大学病院ブレストセンター長
2021年8月 昭和大学 がんゲノム医療センター長(兼務)

所属学会

日本乳癌学会乳腺専門医・指導医・前理事長、日本外科学会指導医・理事、同医療安全管理委員会委員長、検診マンモグラフィ読影認定医師、NPO法人日本乳腺甲状腺超音波診断医学会(JABTS)顧問、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会監事、日本外科系連合学会フェロー、日本医学会連合男女共同参画等検討委員会副委員長、ASCO会員
・AMED 中村班「次世代シークエンス解析技術を駆使した家族性乳がんの原因探索」研究代表者、
・AMED 中村班「日本人BRCA未発症変異保持者に対する乳癌リスク低減手法の開発研究」研究代表者
・厚労科研費 櫻井班「ゲノム情報を活用した遺伝性腫瘍の先制的医療提供体制の整備に関する研究」班員

主な著書

『遺伝性乳がん卵巣がんの基礎と臨床』(2012年 篠原出版新社)
『中村清吾の乳がんが見つかったときにまず読む本』(2010年 主婦の友社)
『「乳がん」と言われたら…』(2009年 保健同人社)
『乳がん : 正しい治療がわかる本』(2008年 法研)
『専門医が答えるQ&A : 乳がん』(2006年 主婦の友社)
『乳がん―あなたにとって一番の治療を』(2005年 双葉社)
(更新日:2021年8月24日)